Amazon買取とマーケットプレイスの比較

提供サービスの近い

まず、Amazon買取サービスはAmazonが提携しているリコマースに対して、自分の持っている不用品の査定を依頼し、金額をつけてもらいます

その値段で納得できとなれば成約となり、その不用品をリコマースに売ることが出来ます。

一方、Amazonマーケットプレイスでは、自分が出品者となってAmazon自体に不用品を出品します。

Amazonに掲載されている商品ページを見てみると、「この商品は○○が販売しています」という文言がありますが、正にここに自分が掲載されるということになります。

Amazonは、会社や店舗の様な大口出品だけでなく、個人向け小口出品にも精力的に取り組んでいるので、登録料等がかかることなく気軽に不用品を売ることが出来る訳です。

この様に、Amazon買取とマーケットプレイスとでは、売る相手が「企業(リコマース)」なのか、「お客さん」なのか大きく異なります。

買取とマーケットプレイス、どちらを使うのが良いの?

マーケットプレイスは、自分がお客さんに直接販売する方法なので、中古品として自分で値段を設定して売ることが出来ます。

その点、もしかしたら買取を利用するよりも、高く売れるという希望があります。

しかし、Amazon買取ではリコマースの取り扱っている物であれば、状態のひどく悪いものを除いて全て売れる可能性がありますが、マーケットプレイスはあくまでも販売なので、お客さんが買ってくれないことには売ることができません

また、値段設定から出品の登録、発送なども自分で行わなければならず、問い合わせやクレームなどの対応も自分自身行わなければならないので、買取に比べて手間がかかるのは事実です。

買取は、あくまでも買取店が価値に合わせて値段を設定するので、そこまで需要のないものを高く買取ってもらえるという事はないと思います。

その分、価値の高いものについては専門的な視点から高く評価してもらえるので、安く売ってしまったり、値段設定を間違えることがないというリスクの軽減ができます。

しかも、荷物を詰めて送るだけなので、ほぼ手間がかかりません。

どちらのサービスも一長一短ではありますので、自分のニーズに合致する方を選ぶのが良いと思います。